So-net無料ブログ作成

2012ドラフト [カープ]

先日のドラフト会議から一夜明けました。

広島東洋カープも5人の選手を指名したのですが・・・。
個人的には、微妙な結果と言わざるを得ません。
投手をことごとく先に獲られてしまい。結果的に本指名は全て野手、育成を見ても辻のみ。
まぁ、近年のドラフトはほとんど投手だったので、たまにはいいかもしれません。
一位も一本釣りを狙ったはずの森、増田で外さなければもう少し違う結果になったかもしれませんが・・・。

まずは一位の高橋大樹。

ポジションは捕手らしいですが、実際の起用は外野手になるようです。
彼に関してはいい指名をしたと思っています。
打撃力のある右打者ということで、得点力不足が課題のカープには必要な選手と言えるでしょう。

次に二位の鈴木誠也。

右打ちの内野手ですね。一塁がメインみたいです。
長打力のある外野手とのことですが、どちらかといえば脚力の方が魅力と言えるでしょう。
いい選手なのですが、知名度と実績から考えて、もう少し後ろの順位でも大丈夫だったのでは無いでしょうか?ウェーバーの二位ですから、まだ他にも選手は沢山残っていましたし。
個人的には、あまり評価できない指名です。

次に三位の上本崇司。
俊足巧打の内野手で、阪神、上本博紀の弟です。
走塁、守備センスは抜群とのことですが、この指名に関しては評価しません。
まず、このタイプの選手は既に多数在籍しています。年齢的にも、同じタイプの安部、菊池とほぼ変わりません。
そして、打撃面での不安。大学通算で.197、2本21打点とお世辞にもいいと言えるものではありません。
プロに入ってから改善はするでしょうが、売りである守備、走塁が衰える前に実戦で使えるように果たしてなるのでしょうか?疑問が残ります。
また、他球団からもあまり注目はされておらず、阪神がいたとはいえ、4位でも獲れる可能性が高かった選手です。はっきりいって、今年最低の指名と言えるでしょう。
私にできるのは、数年後、この記事を笑い飛ばせるような選手に成長することを願うのみです。

次に四位の下水流昴。しもずる こうって読むんですね。
俊足強肩の外野手です。丸のようなタイプでしょうか?
打撃が微妙なのがネックですが、成長すれば赤松や廣瀬の後継者となれる存在です。
順位に関してはもう少し下でも良かった気がしますが、まぁ悪くはないでしょう。

最後、五位の美間優槻。
投手ですが、野手としての獲得のようです。
ぶっちゃけ未知数ですね。いいとも悪いとも言えません。
どちらかと言えば中距離打者のような気がします。将来どういう選手になるのか非常に楽しみです。

育成の二人については、情報が少ないので簡単に

辻空・・・球速がちょっと物足りないですが、スライダーを中心とした変化球は良く、育てば面白い存在になるかもしれません。
森下宗・・・アベレージタイプでしょうか?情報量が足りませんね。


一通り書いてみたのですが、高橋は期待できそうですね。将来、主軸打者となれる選手だと思います。
ここまで書いといてアレなんですが、ドラフトで獲得した選手がどうなるかは、時間が経たないと分かりません。
今回指名した選手が全員大成してしまうかもしれないし、逆に誰一人として活躍しないかもしれない。
要するに、参考にしかならないってことですね、はい。
とりあえず、結果についてはこれ以上文句を言わず、来年以降彼らを応援したいと考えています

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。