So-net無料ブログ作成
検索選択

2013ドラフト [カープ]

 

久しぶりです。というかブログの存在も忘れてました。

ちょうどドラフト終わったんで個人的まとめしたいと思います。

 

個人的には、かなり良いドラフトだったと思います。

順にコメントすると

 

1位 大瀬良大地(投手・右投右打)

 

やってくれました。田村さんホントありがとう!

選手としては、ドラフト特集などで何度も取り上げられているので語りませんが、一年目から結果が残せる選手だと思います。

ただひとつ、広島は今現在右投手は足りています。特に先発はマエケン筆頭にバリントン、大竹、野村祐輔と4枚揃っており、相性や選手育成を考えると5番手は固定できません。中継ぎや抑えでも活躍するでしょうが、このクラスの選手をそこに置くのは少し勿体ない気がします。

とはいえ、バリントンはそう長く在籍しないでしょうし、大竹はルーズショルダー、野村は絶対的に安定しているわけではありません。チャンスはあるでしょう。今後の活躍が楽しみな選手です。

 

2位 九里亜蓮(投手・右投右打)

 

鳥取出身の選手です。

見た感じでは、球は悪くないですね。長身から繰り出される角度のあるストレートは威力ありそうです。ただ、一年目から活躍を期待するのは少し厳しい感じです。再来年以降に期待といったところでしょうか?

 

3位 田中広輔(内野手・右投左打)

 

打撃力が売りのショートです。飛ばす力よりもミート力に優れています。

そしてこの選手、殺人スライディングを行うためアマチュアではそこそこ有名な選手だったりもします。動画でそのスライディングを確認することが出来ますが、意図的にやっているというより悪い癖といった感じですね。やめさせるのであれ、続けさせるのであれ、修正は必要になるかと思います。

 

4位 西原圭大(投手・右投右打)

 

隠し球的指名の感はあります。どっちかというと打たせてとるタイプのピッチャーです。今はまだ素材型の感がありますが、育てば長く投手陣の柱になってくれることでしょう。

 

5位 中村祐太(投手・右投右打)

 

角度のあるストレートが売りの投手ですが、今のとこそれだけみたいですね。投げっぷりはいいですが、使い物になるまでには他の4人以上に時間がかかるでしょう。でもロマンは感じる選手なので楽しみではあります。

 

こんなところで。

先にも書いた通り良い指名ではありますが、不足している左投手は指名しませんでした。今年は左投手は不作ではあったものの、上位で左を狙っても良かったのではないでしょうか?

また、大瀬良と田中以外は素材型なのも気になります。この中の何人が活躍出来るかというのは楽しみであると同時に不安でもあります。

とはいえ、大瀬良が獲得出来ただけでも今年のドラフトは成功と言えるでしょう。この中の選手が一人でも多く主戦力となってくれることを望みます。

 

あ、最後に。

曲は近いうちに上げる予定です。また、現在新曲をいくつか制作しているので、完成したらそちらも上げたいと思います。たまには上げとかないと趣味忘れられちゃいますし。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

久々の更新 [ブログ]

タイトルの通りです。
ホントは昨年末にエロゲ感想まとめをやりたかったのですが、新曲の制作など「やるべきこと」を年末で一気にこなすことになってしまい、その関係で年明けから4月までブログに手を回すことができませんでした。
エロゲの感想に関してはどうしようか悩んでいるところです。とりあえずDRACU-RIOT!の感想だけは書くつもりでいますが、後をどうしようかについてはまだ決めかねています。まぁそもそも、決まっても適当に書こうかな〜くらいにしか考えていませんが・・・。

作曲活動に関しては、昨年コミケで販売していたコンピCD(無料って言ってたのですが、500円になってました。すいません。)に収録していた楽曲をサークルで公開したところ、友人たちが食いついて、ボカロやら生ベースやらを入れてアレンジすることになったのですが、しばらくはこれについて色々調整を行うので、完全新曲はしばらく出ないかなって感じです。
ただ、このアレンジ楽曲に関しては、許可がとれたら公開するかもしれません。

今日はそんなところですね、はい。

感謝 [ブログ]

なんかさっきのアレで、いっぱい人が来たみたいです。
そのうちの何割かは、私が今まで上げた曲も聴いて頂いたようです。

とりあえず、皆様には本当に感謝しております。皮肉とか無しに本気です。
あと、中には感想を書いてくれた方もいました。
案の定辛辣でしたが、具体的に指摘して頂いたので、改めて直す必要があると感じた他、新たに判明した問題点もあり、非常にに参考になりました。

個人的に予想外の収穫で驚いています。そして、頂いたアドバイスを元に、より一層精進いたします。

最後に、もう一度書きますが、皆様には本当に感謝しております。

新曲公開しました! [その他]

お久しぶりです。最近忙しすぎて全然更新できていません。まぁ普段から頻度低いんですが。

そんなわけで、ゲームのBGMとして制作した曲を公開しようと思います。
宇宙をテーマにしたゲームだったので、それに合わせた雰囲気にしたつもり・・・なのですが、微妙なとこですね今聴くと。
あと、ループ再生を前提にしているので、いつもよりさらに短くなってます。まぁ普段から短いんですが。

いつものように自分の思うままに作るではなく、提供という形で、リーダーからの要望を聞きながら作ったため、普段以上に苦労した部分もありますが、その分勉強になりました。
こんなブログなもんで名前は出せないのですが、彼と、制作チームのメンバーには感謝しています。
また、今後こういう機会があれば、もうちょっとクオリティの高い曲を提供したいです(反省)。



2012ドラフト [カープ]

先日のドラフト会議から一夜明けました。

広島東洋カープも5人の選手を指名したのですが・・・。
個人的には、微妙な結果と言わざるを得ません。
投手をことごとく先に獲られてしまい。結果的に本指名は全て野手、育成を見ても辻のみ。
まぁ、近年のドラフトはほとんど投手だったので、たまにはいいかもしれません。
一位も一本釣りを狙ったはずの森、増田で外さなければもう少し違う結果になったかもしれませんが・・・。

まずは一位の高橋大樹。

ポジションは捕手らしいですが、実際の起用は外野手になるようです。
彼に関してはいい指名をしたと思っています。
打撃力のある右打者ということで、得点力不足が課題のカープには必要な選手と言えるでしょう。

次に二位の鈴木誠也。

右打ちの内野手ですね。一塁がメインみたいです。
長打力のある外野手とのことですが、どちらかといえば脚力の方が魅力と言えるでしょう。
いい選手なのですが、知名度と実績から考えて、もう少し後ろの順位でも大丈夫だったのでは無いでしょうか?ウェーバーの二位ですから、まだ他にも選手は沢山残っていましたし。
個人的には、あまり評価できない指名です。

次に三位の上本崇司。
俊足巧打の内野手で、阪神、上本博紀の弟です。
走塁、守備センスは抜群とのことですが、この指名に関しては評価しません。
まず、このタイプの選手は既に多数在籍しています。年齢的にも、同じタイプの安部、菊池とほぼ変わりません。
そして、打撃面での不安。大学通算で.197、2本21打点とお世辞にもいいと言えるものではありません。
プロに入ってから改善はするでしょうが、売りである守備、走塁が衰える前に実戦で使えるように果たしてなるのでしょうか?疑問が残ります。
また、他球団からもあまり注目はされておらず、阪神がいたとはいえ、4位でも獲れる可能性が高かった選手です。はっきりいって、今年最低の指名と言えるでしょう。
私にできるのは、数年後、この記事を笑い飛ばせるような選手に成長することを願うのみです。

次に四位の下水流昴。しもずる こうって読むんですね。
俊足強肩の外野手です。丸のようなタイプでしょうか?
打撃が微妙なのがネックですが、成長すれば赤松や廣瀬の後継者となれる存在です。
順位に関してはもう少し下でも良かった気がしますが、まぁ悪くはないでしょう。

最後、五位の美間優槻。
投手ですが、野手としての獲得のようです。
ぶっちゃけ未知数ですね。いいとも悪いとも言えません。
どちらかと言えば中距離打者のような気がします。将来どういう選手になるのか非常に楽しみです。

育成の二人については、情報が少ないので簡単に

辻空・・・球速がちょっと物足りないですが、スライダーを中心とした変化球は良く、育てば面白い存在になるかもしれません。
森下宗・・・アベレージタイプでしょうか?情報量が足りませんね。


一通り書いてみたのですが、高橋は期待できそうですね。将来、主軸打者となれる選手だと思います。
ここまで書いといてアレなんですが、ドラフトで獲得した選手がどうなるかは、時間が経たないと分かりません。
今回指名した選手が全員大成してしまうかもしれないし、逆に誰一人として活躍しないかもしれない。
要するに、参考にしかならないってことですね、はい。
とりあえず、結果についてはこれ以上文句を言わず、来年以降彼らを応援したいと考えています

新曲公開 [その他]

コンテスト落選しました!
まぁ予想通りというかなんというか。
そんなわけで応募曲を上げたいと思います。


私の所属するサークルが冬コミに応募したらしいので、現在はそれに向けて曲を作っています。
落ちたら完成時点で上げますが、受かった場合は冬コミ終了まで上げないつもりです。

TGS行ってきました [ゲーム]

こんにちは。
なんかもうカープも終戦したりて、すっかり秋になりました。
怒りは収まってませんが、ブチギレ記事をずっと先頭にしておくのもアレなので、TGSに行った感想でも書こうかと思います。

実のところ、今年もパスするつもりでいたのですが、とある事情でチケットを貰い、折角だからということで行くことになったのです。そのため、特に見たいブースがあるわけでもなく、体験したいタイトルがあるわけでもなく、全くもって無計画のまま、予定より1時間近く遅れて会場に到着しました。
そんなわけで、行ったブースも数えるほどしか無いのです。
まず、物販冷やかしてから他のブースに行ったわけなのですが、途中、学生ブースで面白そうなゲームが展示されてるのを見かけ、体験してみることにしました。
何だか童話みたいなエピローグがパッと流れた後、ガンシューティングパートに移りました、野菜クッキーを噛んで弾を補給するというシステムユニークだと思いました。スコアランキングもあったのですが、点数は・・・まぁお察しということで。あと、タイトルは分かりませんでした。特徴でググればもしかしたら出てくるかもしれません。

そうして、物販を一通り見て回り、昼飯を食べた後、LEVEL5のブースまで遊びに行きました。
そこで、『ファンタジーランド』、『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』の2作品をプレイ。
ファンタジーランドはなんというか、牧場物語とどうぶつの森を足して2で割ったような感じの作品でした。
ミステリールームは、タイトルからも分かる通り推理ものなのですが、この手の作品にありがちな移動による聞き込みなどは無く、現場検証のみで犯人を当てるというものでした。個人的には割とツボ入りましたね。機会があったら買ってみようかと思います。

で、最後はD3パブリッシャーで『地球防衛軍4』をプレイ。私は1と2しかプレイしたことが無かったのですが、とりあえず操作感は良くなってましたね。グラフィックは当然きれいになってましたし。
こちらも、同時期に別の注目タイトルが出なければ買おうかなと考えています。

後はバイオの体験もしたかったのですが、時間的な都合で断念し、そのまま帰路についたのでした。

こうやって書くと、改めてあっさりしてるなと感じます。まぁ冒頭にも書いたように無計画だったので当然っちゃ当然なのですが。
そんなのでも、買ってもいいと思えるタイトルに2本も出会えたのは収穫と言えるでしょう。
これ以上書くことも無いので今日はこんなもんで。

あと、エロゲ感想は全部書くのはちょっと無理かもと思っています。
とりあえず予告したドラクリか乙女の紡ぐ恋のキャンパスのどっちかは必ず書くつもりです。

2012-09-18 [カープ]

不思議です。心は湖のように穏やかです本当です。こうしてブログが書けるんですから。

自分でも驚いてます。だって、今朝はPC画面を叩き割る自分の姿をはっきりと思い浮かべていたのですから。

しかし、本当に不思議です。怒りって過ぎると落ち着けるもんなんですね。
それとも、ただ単に怒りが強すぎてぶつける対象を見失ってるだけかもしれませんね。

そういえば、私のツイッターでフォローしてる人に、贔屓チームが負けるたびにありったけの怒りをツイッターに叩きつける人がいます。彼の贔屓チームは勝ち数より負け数の方が多いチームなので、どうしてもキレる回数が多くなります。
しかし、彼はチームがどんな負け方をしても、どんなに連敗しても、決して妥協する、諦めることなく、ありったけの怒りをツイッターに、そして贔屓チームに叩きつけるのです。

もし、彼がこの記事を見たら怒るでしょう。バカにされてると感じるかもしれません。
しかしそれは違います。私は彼を羨ましく思っているのです。
なぜなら、彼はまっすぐな、そして大きな怒りをぶつけることができるからです。
彼は最後の最後まで勢いの変わらぬ怒りをぶつけるのです。
そして、何よりも最後まで「怒る」ことができる。それはすごいことなのです。私にはできないでしょう。
実際、こうして持て余した怒りをテキストボックスに溶かすことしかできないのですから。
本当に「怒れる」彼がうらやましいのです。

それならば、私は怒ればいいのでしょうか。しかし、私の怒りはすでに爆発させるだけでは消えてくれそうにありません。
完全に消すには一ヶ月かける必要がありそうです。
久々に感じた怒りです。中学生の時以来でしょうか。あの時は教室中のイスと机をぶん投げてようやく帰宅できるだけの理性を取り戻したんだっけ。
そう考えると、私もずいぶん成長したようです。まぁあの時より娯楽が多いのもあるだろうけど。
これ以上実の無い感情の解説をだらだらと書いても仕方ないので。最後は(ここを見てる方ならわかっているだろうけど)何に対する怒りかの説明を兼ねて、先述した彼の言葉を借り、締めることにします。

勝ちたくないならもう野球するな。野垂れ死ね。ボケが。

私見で投手陣の現在の調子をまとめてみる [カープ]

どうも。
野球のことあんま書いてないって先日書いたばっかなので、たまにはカープのことでも書こうかなと思います。
といっても、今のカープって堂林のオールスターと、岩本、天谷の好調くらいしか書くことないんですよね。
堂林については、育成起用の側面も大きいため、自惚れるなよとか守備練習しろくらいしか言えませんし、岩本、天谷の活躍についても、私が赤松松山派なため少し複雑な思いがあります。

で、いろいろ考えた結果、主な投手の調子を記号でまとめてみることにしました。
技術的なこと言っちゃうとかなりトンチンカンなこと書きそうなので、コメントはひとこと程度にとどめておきます。

先発

マエケン◎・・・説明は不要かと
バリントン△・・・×でもいいくらいだが、最近復調傾向にあるので。
野村○・・・ルーキーとは思えない素晴らしい投球だが、体力不足ゆえか調子を少し落としてきている。
大竹○・・・コントロール重視の投球スタイルがうまくはまっている。最近は研究されたせいか打たれるようになってきた。
今井△・・・捨て試合とか言われているが投球内容そのものは言うほど悪くない。もちろん上記の投手に及ぶレベルではないが。
齊藤△・・・一時期好投していたが、最近は二軍で燃えてる。

中継ぎ
今村○・・・セットアッパーとしての役目を果たしてはいるが、少し不安が残るところも。
サファテ△・・・帰国後も未だ復調とはならず。故障の可能性も。
ミコライオ◎・・・4月〜5月くらいはサファテほどのインパクトもなく、普通に打たれていたのでクローザー転向に不安を感じたが、今のところ広島投手陣の中では最も期待に応えている。
菊地原△・・・ワンポイント中心のため目立たないが、あまり調子は良くないように見受けられる。
岸本×・・・普段からあまりいいとは言えない制球が今は悪い意味で目を離せないレベル。安定感も無い。肝心の球速も悪くはないが良くもない程度。
河内○・・・今はそれなりに頑張っているようだが、あの球速でどこまで持つか。
梅津○・・・安定感のある投球を見せている。
江草△・・・相変わらずのよんたま癖。
中崎×・・・一軍にはやはりまだ少し足りていない。
中田○・・・それなりだが少し調子にムラがある。
福井×・・・コントロールがどうしようもない。今のままでは敗戦処理すら難しいだろう
中村恭×・・・コントロールが論ずるに値しない。

こんなもんですかね。全部の投球を見てるわけではないのでイメージだけで言ってる部分もありますが。

今井は入団以来ずっと応援しているのでそろそろローテに定着して欲しいです。
あと弦本早く上がってきて。また投球が見たいのです。

とりあえず今日はこんなところで。
広島はあと少しで借金を返せるところまで来ています。このままの勢いで貯金はもちろん、念願のCS出場も果たして欲しいものです。

カテゴリー変更のお知らせ [ブログ]

久しぶりの更新です。やること多すぎて記事書くことができませんでした(小学生並の言い訳)。

この度、ブログのカテゴリーをスポーツからゲームに変更することになりました。
理由は、エロゲの記事が大半となってしまったこと。
いや、元々は野球のこと書くつもりでいたんです。でも実際のところ短い感想なんかはこっちに書かなくてもいいやってなっちゃうんですよね。
それに対し、エロゲの感想語ろうとするとツイッターじゃ足りないことがままあるのと、ブログだと過去の記事を見つけやすいから、自分がその当時何を思ったかってのが分かりやすいんです。
だから、どうしてもエロゲの感想についてが多くなっちゃうんですよね。

でも、やっぱりそれで(一応とはいえ)スポーツブログを自称するのもどうなのかなーと思ったわけです。
それで今回、カテゴリー変更を行い、ゲームブログとすることにしました。

そして、一番大事な話なのですが、今回のカテゴリー変更に伴う執筆スタンスの変更はありません
要するに、これからも今まで通り書きたいことを書いていくってことです。
つまりは長々と無駄なことを書いてしまいました。時間詐欺で訴えられたら勝てそうにありません。

溜め込んでるエロゲの感想は気が向いたら書いていくつもりですので。
それにしてもヨメ充の発売が楽しみです。バナーとか貼っちゃうのです。
では今日はこんなところで。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。